ログハウスオーナーのご紹介。ログハウスオーナーになるなら、ハンドカットログハウスで

  • "ハンドカット"ログハウス専門
  • WILD HOUSE のログハウス
  • オーナーの生活
  • ログハウスができるまで
  • ログハウスオーナーのご紹介

ログハウスオーナーのご紹介

  • オーナーの声
  • 小林家施工実績
  • オリジナルキッチン・無垢材の家具
  • フターフォロー

オーナーの声

「2011年度 日本ログハウス・オブ・ザ・イヤー」家づくりの感想文より、 小林 信夫さんの文章をご紹介させていただきます。

ログハウスづくりはいつ頃からか私のあこがれであった。
それが本当に実現するとは、夢のようである。実際に住んでいても毎日がまだ信じられない。

近くに友人がマシンカットの家を作ったと聞いて、見にいったことがきっかけになった。
やっぱり作りたいということで、市内に住まれている有名なビルダーのかたに直接電話をかけてしまった。丸太がいいな、ハンドカットができないかなと、計画がどんどん進みいつの間にか想像していた以上のものになってしまった。
本当にできるかなと、ときどき半信半疑の家づくり。何しろ長年のあこがれが形作られていくのである。

実際に自分も少しだけ木を削り、参加したことは思い出になった。次第に組み上げられていく中でイメージが二転三転、どんな家になるのか、どきどきしていた。正直、木の枠だけの組み上げられたものは、案外狭く感じられる。窓も入り口も作られていないときは狭いと感じていたサイズも、実際にできてみると広くなっていた。

ログハウスの実感は、圧倒的な木の存在感である。
木でできた家なのだからあたりまえのことである。が、壁も天井も床もすべて木であり、木でないものは洗面施設とガラスの窓だけである。そのことがすごい。

夏には、しっとりとした涼しさ。外の直射日光から家の中に入ってきたときの感じは、言葉では説明できない。冬には、じんわりと伝わる暖かさがある。暖かさが、大切に木によって守られているような感じである。もちろん目に見える梁の太さや出迎える入り口のキングホストトラス、ダグラスファーのアーチカットなど、ログハウスの細かいこだわりにはログハウスならではの感動がある。

長年の夢であったログハウスに住んでいるという喜びは大きい。が、それ以上に思う感想は、木に囲まれているゆったり感こそがログハウスの真価であるということ。自然そのものに囲まれていると実感できる居住感こそが、その価値であると思う。

※長文により、一部抜粋して掲載させていただいております。

Page top

小林家施工実績

ログハウス

小林さんのログハウスは、迫力のあるキングポストトラス、手づくりのドア、スロープを付けた玄関とデッキなど、細かいところまでこだわったハンドカットログハウスです。
2009年9月に作業を開始し、12メートルの丸太、合計90本(40フィートトレーラー2台分)の加工から施工まで、フルハンドメイドで10ヶ月。手塩にかけてつくりあげた自慢の逸品です。

室内 キングポストトラスには、極太のダグラスファーを使用。白い破風を波形のデザインにカットし、窓やドアの枠などにも白を使ってアクセントをつけました。
玄関とデッキに、階段ではなくスロープを取り付けたという点も、こだわりのひとつです。
また、WILD LIFEでは、長期利用を見込んだ耐久性の高い構造にもこだわっており、日本古来の棟梁の知恵をログハウスに取り入れています。日本の木造建築の特長、それは大きな屋根。極力、雨に当たらないようにするため、屋根を大きく設計しています。

室内リビングの床材にはパインを使用。窓は3方向に設置し、明るく開放感のあるつくりにしています。ドアの取っ手や階段の手すりには、曲がり木をそのまま使って、遊び心を演出し、階段の柱にはチェーンソーカービングで、フクロウのオブジェを施しました。 また、室内の印象はアーチカットのデザインによっても変わります。リビングとキッチンの間のアーチカットは、力強くやさしい印象になるよう、やわらかく美しいデザインに仕上げました。
チェーンソーアートによるデザイン性の高さも、リビング・ダイニングキッチンの魅力となっています。

ログ材には、原生林に生えていたカナダ産のオールドグロスを使用しています。ログ材が日本に届いたときには、小林さんも港まで見学にいらっしゃいました。ログ材のピーリング(皮をむく作業)もご家族で手伝ってくださいました。この作業は、1本むくだけでも重労働です。そのため、完成したログ壁をご覧になったときには、そのときのことを思い出して「より愛着が深まります」とおっしゃっていました。

作業風景・記念写真

Page top

オリジナルキッチン・無垢材の家具

キッチンもオーダーメイドで、トータルコーディネートできます。 オール電化(IHクッキングヒーター)にも対応可能です。

WILD LIFEではログハウス・カントリーハウスに似合う「オリジナルカントリーキッチン」を製作しています。もちろん、オーダーメイドですから、オーナーとイメージを共有して、キッチンをトータルコーディネートしていきます。
また、オール電化(IHクッキングヒーター)のキッチンにも対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

キッチン

カントリー家具もお任せください。イメージ、サイズなど、ログハウスにぴったりの家具をおつくりします。

WILD LIFEのログハウス・カントリーハウスに似合う「オリジナルカントリー家具」も製作しています。オーダーメイドでおつくりしますので、サイズはもちろん、イメージにもぴったり合う家具を製作することが可能です。オーナーとイメージを共有して、カントリー家具をトータルコーディネートしていきます。

オリジナルカントリー家具

Page top

アフターフォロー

ログハウスは、一生ものの買い物です。WILD LIFEでは、長く暮らしていただくために、メンテナンスについても十分に考えて設計しております。しかし、長いログライフにおいては、さまざまなメンテナンスが必要になるでしょう。
皆様のログハウスの一棟一棟が、私たちにとっても大切なログハウスです。分からないことやお困りのことがありましたら、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

メンテナンス

竣工5年間無償メンテナンス

・全ネジボルト調整
・階段調整
・ドア調整
※6年目以降は有償でメンテナンスに入ります。

3年毎 塗装 有償
5年目 チンキング 有償

Page top

  • 設計・施工を一貫して担当 宇津昭男のこだわり Policy
  • 空間造景デザインを形作る チェーンソーアート Chainsaw art
  • ログハウスオーナーの生活
  • ログハウスができるまで

ログハウスオーナを夢見るあなたに

夢を叶えたオーナー様よりお声をいただきました ログハウスオーナーのご紹介

ログハウスオーナーになるために ログハウスQ&A

WILDHOUSEが伝えるログライフ

のんびり田舎暮らし 千葉で充実のログライフ

WILD HOUSE 代表 宇津昭男

運営会社/株式会社WILD LIFE

所在地:千葉県市原市鶴舞215-1

TEL/0436-26-6392

お問い合わせフォーム

WILD LIFE "ハンドカット"ログハウス専門 株式会社 WILD LIFE 〒290-0512 千葉県市原市鶴舞215-1 【営業時間】9:00〜17:00 TEL.0436-26-6392 資料請求・モデルルーム見学のご希望もこちらからどうぞ

お問い合わせ